Google翻訳で知識人!

AIネタ

我々にとって最も便利なものは日本語と英語の翻訳ソフト、この分野はAIの得意とする分野です。そこで今日はその活用方法研究してみます。

日本語から英語

やり方

グーグルChromeブラウザ上の簡単な操作で行えます。以下の写真はCNNのポータルサイトで英語の状態ですが、スマホ右下の横三本線からメニューを表示させて、”翻訳”を選びます

多少間抜けな日本語になる事もありますが、大まかな意味はわかります。操作も簡単で、電車の移動の途中に海外サイトを短時間でチェックできるなんて、かっこよくないですか?

気になる海外サイト

自分の気になっているサイトをブックマークで登録しておけば、少し間抜けな日本語訳でも、わかります。本当に気になったときだけ、英語に戻して読めば良いのです。

Googleなどのブログサイト
ワシントン大学の研究 
CNNNewsWeekなどの海外ニュースサイト

気になる論文を読む

バックプロパゲーションの論文
バッチノーマリゼーションの論文

PDFの文章は、残念ながらブラウザで読めません。PDFからテキストをコピーアンドペーストして、グーグル翻訳で見なくてはならず、ちょっと不便。

海外の有名人のツイッター

この場合は、ツイッターのアプリは翻訳に対応していないので、Chromeで見る必要あります。 以下はAIで超有名なレカンさんのツイッター

日本語から英語

こちらは実用的には、ビジネルメールを送ったり、海外の友人にメールを送ったりする事が多いと思います

・ デスクトップでは Chromでグーグル翻訳 がオススメ

・ スマホでは、App Storeのグーグル翻訳 がオススメ

がおすすめです。

どちらも音声入力が使えます。誤認識したときに部分修正をするのには、デスクトップのほうが若干便利です。

グーグル翻訳結果からメールソフトなどのコピペを繰り返すのは面倒ですね。

メールソフトの中で翻訳できれば最高なのですが、、、